安全が欲しいなら!アフターピルを常備しよう

女性の場合、生理日にとても敏感になります。避妊はきちんとしたのに生理が数日遅れていると不安に考えてしまうことがありますよね。そんな時のためにアフターピルを常備しておくことで不安を解消することができます。

アフターピルの原理を知ろう

アフターピルは服用することで妊娠を防ぐための薬ですが、どのようにして妊娠を防ぐことができるのでしょうか。アフターピルに配合されているのは、合成された女性ホルモンです。服用して体内に吸収されると、女性の血液の中のホルモンの濃度が上がります。それによりアフターピルを服用したのが排卵前の場合には排卵を防いだり、遅らせる効果があり、排卵後の服用の場合には精子が卵子と受精するのを防ぐために子宮の粘膜の粘度を増したり、一時的に子宮内膜に着床しにくい環境を作り出します。妊娠は「受精卵が子宮内膜に着床した」時点で成立すると言われており、これらの作用によって万が一受精してしまっていたとしても、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぎます。アフターピルを服用すると、3日~3週間ほどの間に消退出血が起こります。これはアフターピルを服用したことにより、女性ホルモンの血液中の濃度が子宮内膜を剥がす程の濃度になることが理由です。消退出血が起これば、今回は妊娠していないということになります。しかし、アフターピルを服用したからと言って必ず消退出血が起こるわけではありません。避妊に成功していてもタイミング的に消退出血がなかったり、妊娠してしまっている可能性があります。そのため、アフターピルを服用してから3週間ほど経過しても消退出血が起こらなかった場合には、病院に行き妊娠しているかどうかの検査を行っておくと良いでしょう。また、アフターピルの服用は妊娠してしまってからでは効果がありません。避妊に失敗したらなるべく早く服用することで受精卵が出来るのを防いだり、受精卵が着床しにくい子宮の状況を作り出すことができるため、なるべく早めに服用するようにしましょう。

性行為後、生理が来るか不安ならアフターピルを常備

性行為を行って、避妊具が外れてしまったり破れてしまった、また避妊具を付けずに性行為をしてしまって生理が来るかどうか不安。そんな場合には、アフターピルを常備しておくと良いでしょう。アフターピルは緊急避妊薬とも言われていて、避妊に失敗してしまった場合に妊娠するリスクを避けるために服用するピルです。通常ピルは妊娠しないために28日周期で服用をしていくものですが、アフターピルは避妊に失敗した時のみ服用するものです。避妊のために服用するものよりも配合されている合成された女性ホルモンの含有量が多いため、副作用が出やすい傾向にあります。そのため、避妊を行わずに性行為を行って毎回服用する、というような薬ではありません。あくまで避妊に失敗した時に服用するべきものです。また、アフターピルは避妊に失敗してからなるべく早く服用するようにしましょう。服用するタイミングが早いほど、避妊に成功する確率が上がるためです。特に排卵日近くの場合には早く服用する方が良いため、万が一のために常備しておくと良いでしょう。アフターピルを服用すると、3日~3週間程度で消退出血が起きます。これは子宮の内側で受精卵のベッドとなる子宮内膜が剥がれたもので、アフターピルに配合されている女性ホルモンが、通常の生理の時と同じようなホルモンの分泌量の変化を起こすため、子宮内膜が剥がれ落ちてきたものです。出血の量は、通常の生理の時よりも少ない傾向にあります。消退出血が起きた場合には、アフターピルを服用する前に行った性行為での妊娠はしていません。3週間ほどしても消退出血が起きなかった場合には、妊娠している可能性があります。その場合には病院で検査を受けるようにしましょう。

アフターピルの最安値を探す方法

アフターピルの最安値を探す方法はインターネットで個人輸入サイトなどのクチコミ情報を調べて、価格を比較すると短時間で最安値のものを見つけることができますが、医薬品なので基本的にはインターネットではなく医療機関で処方してもらわなければならないので、日本の法律に違反をしないように注意をしなければなりません。またアフターピルは黄体ホルモンの量が急激に増える薬なので、副作用が出る可能性がありますが、インターネットで購入した場合には適切な治療を受けることができないので、健康に対するリスクを考慮してアフターピルを購入しなければなりません。ヨーロッパやアメリカでは多くの女性がピルを服用していますが、日本では避妊薬というイメージが強いために、かなり遅れて普及しています。とくにアフターピルに関しては女性の体に対する負担が大きいために、緊急避妊目的のためだけに使用することが可能です。アフターピルが認可されるまでは中用量ピルを2回服用する方法で緊急避妊を行っていたのですが、吐き気や頭痛などの副作用が非常に多かったので、現在ではアフターピルを投与するのが一般的になっています。中用量ピルとアフターピルでは価格が異なるので、婦人科によっては選択できる場合もありますが、中用量ピルを用いて緊急避妊をすることは少なくなっています。最安値のアフターピルは基本的にはジェネリック医薬品で、インドなどの新興国で製造されたものが多いので、場合によっては偽物が送られて来る場合があります。偽物には有効成分が含まれていないので、緊急避妊をするために服用しても全く意味がありません。個人輸入業者では有効成分に関する検査を行っていることもありますが、輸送中にすり替えられることも多いので慎重に購入しなければなりません。
■アフターピルの成分ってご存知ですか?
レボノルゲストレル