女性の場合、生理日にとても敏感になります。避妊はきちんとしたのに生理が数日遅れていると不安に考えてしまうことがありますよね。そんな時のためにアフターピルを常備しておくことで不安を解消することができます。

アフターピルで性病は予防できる?

アフターピルは文字通り「後で飲むピル」で、一般的なピルの利用方法とは異なっています。ピルと言うと月経周期に合わせて毎日飲む低用量ピルがあり、ホルモンが配合されている点は同じですが、飲むことによって起こる作用には違いがあります。低用量ピルには女性ホルモンに近いエストロゲンとプロゲステロンが配合され、必要最小限の量で排卵を抑制して避妊を成功させますが、アフターピルは高濃度のホルモン量を配合しているため、急激にホルモンバランスを変化させ、素早く子宮内膜を剥がして生理を起こさせる、または排卵を抑制することで避妊を成功させます。多くの女性は低用量ピルを知っていますが、アフターピルを知らない人が多く、使用目的や服用方法などの知識が曖昧な人が多いようです。アフターピルは前述の方法によって避妊をするため、性行為後に服用するもので、避妊が失敗しても最後の方法として残されたもので、緊急避妊薬とも呼ばれています。文字通り緊急時のものなので、それ以外の目的はなく、性病を予防できるものではないので注意しましょう。性病予防に使えるなどの噂が飛び交うこともありますが、性病は皮膚の接触か、体液や粘膜からの感染となるので、アフターピルでは予防や治療には使うことができません。低用量ピルでも同じことが言えますので、間違ってもピルを飲んだから性病は大丈夫などと思わないようにしましょう。予防をするにはコンドームの装着、治療するにはそれぞれの症状に対応した治療薬が必要となります。また、アフターピルは性行為後に高い確率で避妊をすることができますが、それでも確実に避妊ができるというわけではないので、アフターピルに頼った避妊方法はしないようにしましょう。