女性の場合、生理日にとても敏感になります。避妊はきちんとしたのに生理が数日遅れていると不安に考えてしまうことがありますよね。そんな時のためにアフターピルを常備しておくことで不安を解消することができます。

不倫相手とセックスでアフターピル服用と胃潰瘍治療薬

アフターピルは緊急避妊薬として処方されている薬なので通常の薬局などでは手に入れることはできません。不倫相手とのセックスにおいて膣内射精が明らかになった場合などには、24時間以内に婦人科を受診してアフターピルの処方を受けると、不倫相手の子どもを出産するリスクを回避することができます。妊娠を望まない場合には低用量ピルを毎日服用したり、コンドームを使用することで妊娠する確率をさげるのが一般的で、とくに不倫に関しては将来的に子供を作る計画がないので、ピルとコンドームによる避妊を組み合わせて避妊率を上げるのが常識となっています。アフターピルは女性ホルモンの黄体ホルモンだけを急激に増やす働きがあるので、服用すると軽い吐き気や頭痛などの副作用が出ることがあります。また体質によっては腹痛や腰痛などが1日以上継続することもあるので、その場合には医療機関を受診して対症療法を行う必要があります。ほとんどの場合は24時間以内に副作用の症状が消失するとされているので、アフターピルを服用して安静な状態を保つだけでも頭痛や吐き気を軽減させることができます。胃潰瘍などの病気の治療中の場合には胃の粘膜を傷つけてしまう可能性もあるので、医師や薬剤師に相談をしてから適切な対処をすることが必要ですが、胃潰瘍の治療薬とアフターピルに関しては飲み合わせなどの問題が指摘されていないので、ほとんど危険性はありません。しかし胃潰瘍の症状には胃の痛みや吐き気などがあるので、アフターピルを服用することで、これらの症状が強く出る可能性もあるので、体調に合わせて服用する必要があります。副作用の症状は一時的なものですが、胃潰瘍の症状は継続する場合があります。