女性の場合、生理日にとても敏感になります。避妊はきちんとしたのに生理が数日遅れていると不安に考えてしまうことがありますよね。そんな時のためにアフターピルを常備しておくことで不安を解消することができます。

産後のアフターピルの使用後はナプキンに期待

産後、妊婦ではなくなった体でする性行為についついはしゃいでしまって、避妊せずにしてアクシデントが起こることもあるでしょう。また妊娠してしまうことは、家庭の経済状況等を考えて、難しい問題になることもあるはずです。そのような場合はアフターピルを使うことで、妊娠を防ぐことができます。避妊の失敗から72時間以内、またアフターピルの種類によって120時間以内に正しく服用することで避妊に成功します。3週間以内に生理が来れば成功になりますので、ナプキンの変化が成功のカギを握っています。

産後というと、授乳をしている可能性がありますので、アフターピルを使う場合は注意が必要です。授乳の最中、赤ちゃんの口に母乳を通してピルの成分が含まれることになりますので、別の手段を用いるしか方法はありません。別の手段といっても、現在避妊に失敗した後の避妊方法はアフターピルしかありませんので、母乳をやめる必要が出てくるでしょう。言うまでもありませんが、母乳は赤ちゃんが成長するために欠かせない成分ですので、アフターピルを使うような性行為は産後にするのを、なるたけ避けるようにしてください。

ナプキンに生理のときのような出血が3週間以内に見られたら成功になりますが、それまでの時間が苦痛に感じることもあるでしょう。妊婦の期間中、特有の症状から苦しんだ方もいるはずです。またあのような状況になるのかを考えた場合、ナプキンを使うことになることを望む期間になります。こればかりは、待つしかありません。成功させるためにも、正しい知識を持ってアフターピルを服用しなければなりません。クリニックの説明をしっかり受けて服用し、成功に導いてください。